保育士の試験対策と勉強法

保育士の試験対策と勉強法

保育士の資格は、卒業後に資格が付与される専門学校、短大などに行けば、卒業と同時に、保育士になることができます。 しかし、さまざまな制約があり、学校に通えない人もいます。たとえば、小さな子供を育てていて家を離れられない人、他の仕事を持っていて、学校に通う時間がない人などがそれにあたります。そういう場合は、年に1回実施されている国家試験を受けることをおすすめします。国家試験に通過すれば、保育士の資格を得ることができます。 

国家試験は、覚えることが大量にあります。子供と遊ぶだけの仕事だから簡単だろう、と気軽に考えていたら、合格は難しいです。国家資格ですから、非常に重みのある資格です。有資格者には、専門的な職種として、さまざまな仕事への可能性が開けています。保育士と言えば保育園ですが、それ以外にも乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、知的障害児通園施設、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、児童自立支援施設など、仰々しい感じの専門的な職場でも働くことのできる資格なのです。 

通信講座での資格試験対策には早いものだと受講期間が3カ月というのもありますが、保育士の通信講座は12カ月と長いです。それだけ覚えることがたくさんあるのです。テキストをフル活用して、資格試験対策しましょう。

保育士の資格試験は、正しい試験対策と勉強法をしていれば、問題ありません。また、通信講座を受けることで、最新の試験情報を得られるので、独学の方も最低限の情報収集ために受講する方が多いです。


ユーキャンの保育士講座