管理栄養士の試験対策と勉強法

管理栄養士の試験対策と勉強法

管理栄養士になるには、国家試験に通過しなければいけません。管理栄養士国家試験は2006年の合格率が26.8%、2007年の合格率が35.2%です。平均すると20%前後で、狭き門となっています。きちんと資格試験対策をとっておかないと、合格は難しいと言えますね。国家試験は例年3月で、年1回実施されるのが通常ですから、3月に向けて1年間、しっかり資格試験対策をとるようにしましょう。 

資格試験対策としては、独学では限界がありますので、最低限通信講座などで傾向と対策を熟知した指導を受けることが必要です。 とくに最新の試験情報を得るのは独学では難しいですが、通信講座などを受けることで常に新しい情報を手に入れることができます。 合わせて過去の問題集を繰り返し解いてみたり、ノートを見直したりして、きちんと知識を習得することが必要です。管理栄養士の国家資格は全9科目と、科目数が多く、全てを網羅して覚えるのは大変なことです。きちんと計画を立てて覚えていくようにしましょう。資格試験対策講座は、短期間で一気に知識を詰め込む講座もありますが、科目数の多い本試験でそれをやるのは無理です。コツコツと時間をかけて覚えていくほかはありません。 

管理栄養士の講座は、通学講座、通信講座ともにあります。他の講座に比べ、受講期間が長く設定されているようですが、過去問題や添削も十分活用することで着実に学習していきましょう。正しい試験対策と勉強法をしていれば、問題ありません。また、通信講座を受けることで、最新の試験情報を得られるので、独学の方も最低限の情報収集ために受講する方が多いです。


ユーキャンの管理栄養士講座