調剤薬局事務の試験対策と勉強法

調剤薬局事務の試験対策と勉強法

調剤薬局で、国や健康保険組合への請求書である調剤報酬明細書(レセプト)を作成したり、薬剤料、調剤料を算定するのが調剤薬局事務です。薬局はどこの町にもあるので、調剤薬局事務の資格を持っておけば、仕事探しの視野が広がりそうですね。医薬分業制がとられている日本の医療界では、ますます必要とされている人材です。小さな子供がいる主婦でも探しやすい仕事といえるでしょう。。 

調剤薬局事務の資格を取得しておくと、就職の際に有利になります。資格を持っていなくても就職することは可能ですが、持っている方がアピールポイントとなり、採用されやすくなります。調剤薬局事務の資格はいろいろあります。その中でも、正式に履歴書に記載できる唯一の専門士資格である調剤報酬請求事務専門士検定試験は、ぜひとっておきたい資格です。

調剤報酬請求事務専門士検定試験は2級、3級なら40%〜50%程度の合格率があります。 認定講座のユーキャンの調剤薬局事務講座を受講しておくと、在宅で資格試験を受けることができます。 在宅試験で受験することができ自宅でリラックスしながら受けられるというのがうれしいですね。 資格試験対策には、スクールに通ったり、通信教育を受けるのがいいでしょう。基本的な知識から資格試験対策までサポートしてもらえます。資格試験対策の講座では、イラスト入りの分かりやすいテキストを使用し、専門用語の多い調剤薬局事務についての知識もすんなり入っていけます。調剤レセプト用紙では実際のレセプトの書き方について学んでいきます。実技試験では実際にレセプト作成ができるかどうかが見られます。

調剤報酬請求事務専門士検定試験は、正しい試験対策と勉強法をしていれば、問題ありません。また、通信講座を受けることで、最新の試験情報を得られるので、独学の方も最低限の情報収集ために受講する方が多いです。


ユーキャンの調剤薬局事務講座