ケアマネージャーの試験対策と勉強法

ケアマネージャーの試験対策と勉強法

ケアマネージャーは公的な資格です。要介護、要支援と認定された人に対して、適切なケアプランを提案する、重要度の高い介護職です。ケアマネージャーとして活躍するには、実務研修受講試験に通過して、実務研修を受講しなければいけません。実務研修は大変そうなイメージがありますが、実はその前の実務研修受講試験を通過する方が大変だと言われています。

平成18年度の合格率は20.5%、平成19年度の合格率は22.8%と難関の試験です。ですから、きちんと資格試験対策をしておくことが必要です。 本屋でケアマネージャーの資格試験対策のテキストは販売されていますが、覚えること、把握しておかなければいけないことがかなりあります。一人だけで勉強しようと思うと、かなり労力がいります。

テキストを使って自分の家で勉強をしたいというなら、通信講座がいいです。通信講座なら、資格試験対策に長けたプロがカリキュラムを作成し、添削制度も充実しているので、安心して取り組むことができます。通学講座でも通信講座でも、カリキュラムは同じです。介護保険制度の基礎知識、要介護認定等の基礎知識、居住施設サービス計画の基礎知識、福祉サービスの知識、保健・医療サービスの知識を学びます。資格試験対策として、模擬試験を実施しているスクールもあります。実際にどのような形式で設問が作られるのか、事前に知っておくと本番でも余裕を持ってのぞめます。

ケアマネージャーの試験は、正しい試験対策と勉強法をしていれば、問題ありません。また、通信講座を受けることで、最新の試験情報を得られるので、独学の方も最低限の情報収集ために受講する方が多いです。


ユーキャンのケアマネジャー講座