アロマテラピストの試験対策と勉強法

アロマテラピストの試験対策と勉強法

アロマテラピストとは、精油という、植物から抽出したエッセンシャルオイルを用いてアロマテラピーを行う専門家のことです。お客さんの心身のリラクゼーションをはかります。アロマテラピーは芳香療法と呼ばれ、カウンセリングを通じて、お客さんの気分や体調に合わせてチョイスした香りを使用して、フットバス、オイルマッサージを行います。ですから、アロマテラピストは、香りの効能についての知識があり、それを利用して心身の状態を整える技術を持つことにプラスして、カウンセリングを通じてお客さんの気分や体調を聞き出す、コミュニケーション能力も持ち合わせていなければいけません。

ストレスの多い現代社会では、アロマテラピーはエステ、マッサージ、リフレクソロジーなどのリラクゼーション施設で活用されています。美容業界だけではなく、医療業界でも心身に働きかけるエッセンシャルオイルの効果が評価され、代替医療として需要があるようです。 

フランスでは、ホリスティック医学という、自然治癒力の向上を目指す分野があります。ホリスティック医学では、処方薬としてアロマテラピーが処方されます。ホスピス、総合病院でアロマテラピストが活躍しています。 

日本では、薬事法の関係でアロマテラピストは独立した職業として確立していません。「この香りが○×の症状に効く」という表現をしにくいからです。しかし、将来的には活躍が広がる可能性は十分にあると言えるでしょう。

アロマテラピストの資格試験は、正しい試験対策と勉強法をしていれば、問題ありません。また、通信講座を受けることで、最新の試験情報を得られるので、独学の方も最低限の情報収集ために受講する方が多いです。