特別養護老人ホーム

 

特別養護老人ホームを選ぶポイント

特別養護老人ホームは、寝たきり老人や痴呆症高齢者などを対象にした介護サービスが行われています。自宅ではなかなか介護する事が難しい場合や共働きなどで家を留守にする事が多い家庭などでは、特別養護老人ホームが展開している日中だけの介護「デイサービス」などを利用する事もできるようです。

終身ケアを受けることができる特別養護老人ホームでは、スケジュールに沿った入力や食事のお手伝いはもちろん、リハビリも兼ねた動作訓練などもプログラムされています。また、介護は初めてだという家族を対象に、家庭介護者育成教室なども開催されたりしていて、老人ホームと入居者の家族が二人三脚で介護を進めることができるのが大きな魅力ですね。

特別養護老人ホームには医師が常駐していますから、入居者のちょっとした体調の変化にも迅速に対応する事ができますし、必要であれば救急車で病院へ搬送する事も可能です。体力が弱まっている老人ですから、ちょっとした体の変調を見逃すことなくケアを受けることができるのは、特別養護老人ホームならではのサービスなのかもしれません。

特別養護老人ホームでは、ナイトケアやデイケアなど短時間のみのサービスを受けることもできますし、また家族が旅行している間のみのショートステイなどのサービスもあるようです。介護が必要な度合いによって、家庭で介護したり、特別養護老人ホームに入所したり、フレキシブルに調整する事ができるのもうれしいですね。