介護療養型医療施設

 

介護療養型医療施設を選ぶポイント

介護療養型医療施設は介護保健施設ですが、国から「要介護」認定を受けた人のみが利用することができる施設です。介護療養型医療施設は老人向けの施設であることが多いので、基本的には65歳以上出なければ入所する事ができない施設も多いようです。施設によっては65歳未満でも老衰症状が激しい場合などには特例として入所が認められることもあるので、気になる方は施設に直接問い合わせて見ると良いかもしれませんね。

介護療養型医療施設は「介護老人保健施設」と「特別養護老人ホーム」に分類する事ができます。どちらも一般の老人ホームなどと比較すると手厚いケアを受けることができるとともに、医師も施設内に常駐していたりして24時間体制で必要な医療行為を受けることもできるため、万が一の時にも迅速に対応する事ができるのが大きな魅力です。

しかし、介護療養型医療施設という名前は、意外と知られていませんよね?介護療養型医療施設はもともと病院だった施設が介護療養型医療施設へと変わったため、入院だけではなく外来の受付もしているため、一般の病院となんとなく区別をつけにくいこともあるようです。介護保険が適用される病床のほかに、医療保険が適用される病床など、区別がついている施設などもあるようですよ。

どんな人が介護療養型医療施設に入所できるのかと言えば、基本的には病院で点滴などの治療を行った後に、「点滴など特別な治療は必要なくなったけれど、あと少し療養した方が良い」という患者さんが多いようですね。