健康型有料老人ホーム

 

健康型有料老人ホームを選ぶポイント

健康型有料老人ホームは、介護付老人ホームなどと比較すると費用もリーズナブルですし、何よりも普通に一人暮らしをしているような感じで楽しく生活する事ができるという大きなメリットがあります。しかし、健康型ホームの入居条件は「介護が必要ないこと」なので、入居後に介護が必要になった場合には、退去して別の老人ホームを探さなければいけません。住み慣れた老人ホームを退去するのはとても寂しいですし、何よりも人気がある介護付老人ホームなどでは入居希望者が多くて順番待ちの状態のことも少なくないので、タイミングが悪いとあまり気に入らない老人ホームへの移転を余儀なくされてしまう事もあるようです。それが健康型老人ホームの最大のデメリットと言えるでしょう。

しかし、このデメリットは回避する事もできます。老人ホームの中には、健康型タイプと介護付タイプを兼ね備えている施設などもあり、生活している棟は違っても同じ施設で暮らし続けることができる場合もあります。一人暮らしで介護が必要になってからの移転などは不安ですよね。そのような場合には、ぜひ、介護付老人ホームも併設されている老人ホームを選ぶと良いでしょう。

また、同じ施設内に介護を受けることができる施設が併設されていなくても、近隣の介護付老人ホームと提携している老人ホームなどもあります。入居する際に、そういった提携先の老人ホームもチェックしておけば、万が一の時にも不安になることがなく移転する事ができますね。