住宅型有料老人ホーム

 

住宅型有料老人ホームを選ぶポイント

住宅型有料老人ホームは、健康型老人ホームのように自由を満喫しながら安心して生活できるという大きなメリットがあります。介護が必要になった場合には自分自身で好きな介護業者を選んで契約する事ができます。予算と相談しながら必要なサービスを必要な分だけ受けることができて、必要ないサービスはカットすることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

一方、住宅型有料老人ホームは介護サービススタッフが常駐していないので、緊急で介護が必要になった場合などには臨機応変に対応してもらえるかどうかが分かりません。もちろん救急車を呼んで病院へ搬送してもらうことは出来ますが、介護サービスが必要になったからと言って、老人ホームのスタッフが急遽サービスをしてくれると言うことはないので注意が必要です。

また、基本的に自由の多い住宅型老人ホームでは、認知症になるとケアが難しくなってしまうため、退去しなければいけない場合もあるようです。その他にも、病院に長期間入院しなければいけない場合などには強制的な退去となることもあるので注意が必要です。

住宅型老人ホームで生活をしながら訪問介護サービスを受ける場合と、介護付老人ホームで生活する場合とで費用面を見てみると、住宅型老人ホームに住んで訪問介護サービスを受ける方がコストが高くなることが多いようです。現在は健康で介護が必要ない場合にも、将来介護が必要になった時にどのぐらいのコストが発生するのかはあらかじめ計算しながら老人ホームを選ぶことが必要ですね。