老人保健施設

 

老人保健施設を選ぶポイント

老人保健施設は目的と機能によって
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設
に分類する事ができます。名前もとってもよく似ているので、具体的に何がどう異なるのか分からない方も少なくないかもしれませんね。

介護老人保健施設は基本的にリハビリを専門に行なう施設で、3ヶ月までの利用と限定されています。もちろん3ヶ月間でリハビリが終了しない場合にはいったん退所してから再入所する事も可能ですが、順番待ちなどがあったりすると必ずしも再入所できるという保障はありません。健康状態が安定していて、自宅での生活ができるようにするためのサポートや、介護を軽減するための支援が総合的に行われていますが、医療行為も行う事ができるのが特徴です。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は老人ホームの一つでもあり、在宅復帰が目的ではありません。在宅での介護や生活が困難な場合にはホームに入所して長期間にわたって生活をする事ができます。このタイプでは日常生活のサポートや健康管理などは行われていますが、医療行為は行う事ができません。医療行為が必要になった高齢者は病院に入院する事になります。

同じ長期入所の場合でも、医療的な治療が必要な方が利用するのは介護療養型医療施設です。病院での手術などを受けた高齢者が回復期を過ごす施設として利用する事が多いようですね。退院できる状態になったら自宅に帰宅する事もできますし、別の老人ホームへ入所する事も出来ますが、そこでずっと終身ケアを受けることはできないのが特徴です。