グループホームを選ぶポイント

自力で毎日の暮らしをできない方に評判なのがグループホームです。病気や障害を持っている高齢の方向けで、中でも、痴呆の高齢者のためのものが多数のようです。グループホームは、限られた人数で暮らしを営みながら、スタッフに援助してもらえる介護施設となっています。

老人ホームというより、高齢の方たちが共同で生活をする住宅といった形で、医師とか介護援助などが定期的にまわってくる自らで暮らしをすることが可能なサービスとして大勢の人に選ばれています。

グループホームの収容人数は色々な施設があり、日本全国に多くなっていますので、どの施設に暮らすのか見つけるときも選ぶ幅は多いです。

まずは、パンフレットの請求して、候補のホームをだいたい決めてから、足を運んでフンイキを見て最終的に選択する方が大半です

このページの先頭へ