グループホームの選び方

他を頼らず日ごろの生活を営むことができない人に使われているのがグループホームです。病気や障害を持っているお年寄りのための施設で、とりわけ、痴呆の高齢者を対象にした施設か多数あります。グループホームは、限られた人数で生活を送りながら、専門担当者が面倒をみてくれる集団介護として知られています。

養護老人ホームというよりは、高齢者が合同でくらしを送る住まいといった形のようで、医者とか介護援助なども受けられる自立したくらしを営むことが可能な施設としてたくさんの人に評価されています。

グループホームのサイズは色々あり、日本中に多くなってきているので、どの施設に暮らすのかを探す時にも候補も広いです。

最初は、パンフレットを請求して、候補を大体選んでから、たずねてみて体感して最終的に決める方がほとんどです

このページの先頭へ