介護福祉士 養成施設

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士を養成する施設とは?

介護

介護福祉士養成施設は、福祉を専門とする大学や短大、専門学校にことを言いますが、養成施設に通い、卒業すると国家試験を受けなくも介護福祉士の資格を与えられるという利点があります。介護福祉コースなどがある大学や短大を卒業するか、福祉系の大学、短大で指定の科目を履修した者が1年間の養成施設を卒業するなどの条件をクリアする必要があります。働きながら勉強したい人などには時間的に少し厳しいですが、養成施設に通うと介護職に必要な知識や技能を幅広く学べます。

試験も、一般の入試はもちろん社会人特別入試もあるので、介護職に興味を持ち転職したい人でも大丈夫です。また、介護の現場を再現できる設備が整った実習室を利用したり、福祉施設などでの実習があるので、実践的な力が身につきやすく、介護福祉士の仕事のイメージもわきやすいと思います。

就職率はほぼ100パーセントという養成施設がほとんどで、卒業生の半数以上は今、需要が特に高いと言われている特別養護老人ホームに就職したり、介護老人保健施設やデイサービスセンターなどで就業する人も多いようです。

介護福祉士養成施設は、介護職の需要が求められている昨今では年々増加し、日本全国にあるので比較的近場でみつけやすいのではないかと思います。ネットなどで検索して、資料請求をしたり、オープンキャンパスに参加してみても良いでしょう。