介護福祉士の資格は誰でも取得できる?

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士の資格は誰でも取得できる?

介護福祉士

高齢者や障害者の介護を行う介護福祉士は、国家資格として最近社会にも広く求められている資格です。介護福祉士の資格がなくても、社会福祉施設などで介護職に就くことは可能ですが、資格があるとメリットも多いようです。まず、介護における専門的な知識や技能を修得しているので、介護のスペシャリストとして頼られ、厚生面でも給料が増える、手当がつく、正社員になれる可能性が高いなど優遇される場合が多いようです。

介護福祉士の資格を取得するに、筆記試験と実技試験の2種類の試験科目に合格することが必要です。筆記試験は、社会福祉や老人福祉、リハビリなどの知識、実技試験では実際の介護技能が問われます。

受験資格は、まず特別養護老人ホームや知的障害児施設などの社会福祉施設で、3年以上介護職に従業していたという実務経験、もしくは、高校の福祉専門コースを卒業する必要があります。また資格試験を受験しなくても、専門学校や大学などの養成施設等に決められた期間通い、カリキュラムを修得して卒業すれば、自動的に資格を得ることも可能です。

一般的に介護福祉士の資格修得するために、まず社会福祉施設等で一定期間従業しながら勉強し、受験に挑む人も多いようです。現在別の仕事に就いていても、介護の仕事に興味があって、介護職をやってみたい、資格を取ってより専門的な仕事をしていきたいという方にもお勧めです。福祉系の大学などを卒業していなくても、専門学校に通学したり、通信講座などで勉強したりと様々な方法で資格取得が可能であり、取得のチャンスは大いに広がっていると言えます。