介護福祉士の仕事内容

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士の仕事内容について

介護福祉士

介護福祉士の仕事内容を一言でいえば、お年寄りや体の不自由な方の生活をサポートすることが主ですが、具体的な仕事内容は多岐にわたります。 まず、体が自由に動かせない方の生活に必要な動作を助ける身辺介助があります。具体的に挙げると、室内では食事や着替え、トイレの補助、入浴や洗顔の介助、ベットへの上がり降りの手伝いなどがあげられます。外出する際は車いすを押す、歩行の介助などの外出の付き添いや、車の乗り降りの補助などもあります。

さらに、家事などを本人に代わって行う生活支援があります。本人に代わって食事の支度、洗濯や掃除、買い物など生活に必要な家事のほとんどを行います。 社会や人とのかかわりの橋渡しをする社会活動を支援する仕事もあります。介護を受ける方は、自分で体が思うように動かない為にふさぎがちになったり、孤独を感じるようになりがちです。家族や近所の人との間に立ち、両者の話を聞きながらを助言し、良好な人間関係が作れるよう努めたり、地域の活動の参加を促したりします。

そして、介護を受ける方へは自立した生活が送れるよう、また家族へは介護方法について指導、助言を行うのも重要な仕事です。介護がよりスムーズに行えるよう、介護計画を立てたり、介護の記録をつける仕事も行います。

介護福祉士は、特別養護老人ホームやデイケアサービス施設、障害者の作業所など福祉施設または利用者の自宅で勤務する仕事です。