ケアマネージャー

ケアマネージャーになる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 ケアマネージャーに限らず、試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンのケアマネジャー講座が定番です。

ユーキャンの通信講座
ユーキャンのケアマネジャー講座

ケアマネージャー

介護福祉士

ケアマネージャーの仕事は、介護職のなかでも専門性が強いといってもいいものです。資格を取るためには、社会福祉士や介護福祉士といった資格を持っていないといけません。 このほかには看護師や医師などの資格を持った人でなければ、ケアマネージャーにはなれません。さらに一定以上の実務経験がないと取得できません。 幅広い知識と経験がないと、仕事をすることができないということになります。

今は、介護の資格を活かせる職場というのが多くなっています。このケアマネージャーは、どの職場であっても必要な存在です。 実際に施設を利用している人の予算に合わせて、プランを決めていく仕事をしていきます。予算の支払い計画を立てながら、サービスを利用した場合には、そのなかから支払いをしてもらうのです。 プランを立てて、業者のサービスを受ける時には業者との連携も必要です。連絡を取り、実施に関する確認もしていきます。

利用者本人のほか、家族との相談に基づいてのプラン設計が必要です。ケアマネージャーが希望を聞きながら、しっかりとサービス提供をしていくことになります。 このほか、介護の認定や申請、更新する場合には、その手続きなども代理で行います。利用者に関わることはすべて、ケアマネージャーが担当していくことになります。