介護施設のタイプと入所の基準

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護施設のタイプと入所の基準

介護

介護施設と言っても様々な種類の介護施設があります。 一般的に介護施設と言うと主に介護老人保健施設を指します。

介護老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者が少しでも自立できるように力を貸し、家庭で自分の力で生活していけるように、様々な面から支援する施設のことです。 「ろうけん」とも言われます。

介護施設を利用するには、基準があります。 利用するに当たっては、基準に当てはまるかを確認する必要があります。

まず、介護保険法により要介護であると認定をされている必要があります。 その上で、入院治療の必用がなく、比較的病状が安定していてリハビリを必要とした人が対象となっています。要介護度が1〜5と判定されている方です。

介護施設は、入所する方の病状で、いくつかのタイプの施設に分かれています。

介護老人福祉施設では、医療行為を行うことはありませんが、 常時要介護にもかかわらず、居宅で介護を受けるのが困難な人が対象です

次に介護老人保健施設は、毎日のリハビリや、日常生活を送る上で介護が必要な状態の方で、病状が安定していて特に入院治療は必要ない場合に入所が可能です。

介護療養型医療施設は、カテーテルや透析など常時医学的な管理が必要である、と判断された場合で、長期療養患者ではあるものの、ずっと病状は安定している場合に入所できます。ただし療養病床に該当する場合は入所できません。

介護施設は、質の高い介護サービス、介護予防や、日常生活を送るためのアドバイスをしてくれます。また、利用者の希望や疑問に細かく応えてくれるシステムになっています。介護施設を利用する場合、まずは利用者も家族も健康状態を把握することが大切です。