介護サービスの種類

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護サービスの種類

介護

介護サービスには、大きく分けて2種類あります。自宅に訪問してもらってサービスを受けるものと施設に出向いてサービスを受けるものです。

 

■自宅に訪問してもらってサービスを受けるもの

 

・訪問介護(ホームヘルプサービス)

 

ホームヘルパーが家庭を訪問して、家事などの日常生活の手助けを行います。

 

・訪問看護

 

主治医の指示に従いながら、訪問看護ステーションの看護婦などが自宅を訪問して、病状の観察、入浴や排泄の介助・床ずれの手当を行います。

 

・訪問入浴

 

移動入浴車などを利用して、入浴が難しい寝たきりの高齢者などの自宅で入浴の介助を行います。

 

・訪問リハビリテーション

 

自宅を理学療法士や作業療法士などが訪問して、リハビリテーションを行います。

 

・居宅療養管理指導

 

自宅を歯科医師、医師、薬剤師などが訪問して、医学的見地からのな管理や食事指導を行います。

 

■施設に出向いてサービスを受けるもの

 

・通所介護(デイサービス)

 

デイサービスセンターなどに通うことで、日常動作訓練などが受けられます。

 

・介護リハビリテーション

 

介護老人保健施設や病院などに通うことで、自立した日常生活を送るためのリハビリテーションを受けられます。

 

その他にも短期入所介護サービスや介護保険施設への入所など、介護サービスの種類には様々なものがあります。

 

要介護1から5の認定を受けた方は、認定結果による支給限度額の範囲で、どのような介護サービスを受けるかを決めるケアプラン(介護サービス計画)を作成しましょう。

ケアプランは、本人や家族の要望に応じて、介護支援専門員によりが作成します。