介護サービスの料金・費用

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護サービスの料金・費用

介護

介護サービスの料金について紹介します。 介護サービスを利用した場合の料金は、原則として料金の9割は介護保険から支払われることになっています。利用者自身の自己負担は1割が原則です。

1割が原則の自己負担ですが、上限が定められています。 介護サービスを利用して支払った自己負担額が世帯で合算して37,200円を越えたときは、高額介護サービス費として払い戻しを受けることができます。

介護保険は、低所得者にも配慮されています。 介護施設サービスを利用したときの食費の自己負担や高額介護サービス費の対象となる自己負担の上限が通常よりも低い金額で設定されます。

介護保険がスタートする前からホームヘルプサービスを利用していた場合は、経過措置として自己負担が3%に軽減されたり、社会福祉法人などの訪問介護サービスを受けた場合は、自己負担が減免される場合があるなどの配慮がされています。

介護保険の給付対象外となるものも多くありますので注意しましょう。 たとえば、介護施設サービスを利用した場合も、食費・おむつ代や日用品など給付対象外の費用は全額自己負担となります。

介護サービスの費用は、各地方自治体や事業所によって変わってきますので契約の前に充分確認することが大切です。