小規模多機能型居宅介護施設 介護施設

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

小規模多機能型居宅介護施設

介護

介護施設を探していく上で、小規模多機能型居宅介護施設も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 小規模多機能型居宅介護施設というとあまり聞きなれない方も多いと思いますので、以下に紹介させていただきます。

小規模多機能型居宅介護施設とは、要介護の高齢者が土地勘があり、住み慣れた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけそのままにする形で生活できるように考慮された複合的な介護施設のことです。施設にホームヘルパーなどが通いで介護をしに来る形になります。中心は、デイサービスと呼ばれる通いによる介護です。

ほかにも、ホームヘルパーの訪問介護やショートステイと言われる短期間の泊まり介護のサービスもあります。本人、家族の希望に応じて、利用者の要介護の状態により、サービスを選択できます。24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設で、介護保険制度が改正された時に創設された施設です。

認知症を患った高齢者が主に利用できるのですが、認知症以外でも利用することは可能です。利用者は登録制になっています。また、一つの介護施設に登録できるのは25名までという制限があります。人数制限があるので、介護スタッフと密接な人間関係・信頼関係を築くことが可能になっています。

ただ、小規模多機能型居宅介護に登録をすると、これまで受けていた他の介護サービスが受けられなります。そのため、新しいスタッフと再度人間関係を築いていかなくてはならず、登録をためらう高齢者も多くなっています。そのため、定員に満たない介護施設も多くあります。

小規模多機能型居宅介護の最大の特色は定額制であるということです。毎月決まった利用料さえ支払えば、さまざまなサービスを、何度でも自由に受けることができると言うメリットがあります。

以上のように、小規模多機能型居宅介護はメリットもありますがデメリットもあります。 向き・不向きといったほうが適切かもしれません。 いずれにしても、どのようなライフスタイルを望むかを考えてみることからはじめてみてください。