介護施設管理士

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護施設管理士

介護福祉士

介護施設管理士は、文字通り介護施設の管理者のことです。

介護施設管理士は、ケアマネージャー、介護ヘルパーなどの介護施設で働く介護スタッフのまとめ役です。また、介護施設で要介護者と日常の生活をしながら、施設のサービスを改善しつつ、経営もしていくという責任ある職務を担っています。

介護施設も慈善事業ばかりでは経営が成り立ちません。だからといって、経営を成り立たせるために金儲け主義に傾きすぎることもできません。経営と介護サービスとのバランスを常に意識しなくてはなりません。そのため介護施設の責任者である介護施設管理士になるには、専門の資格を取得しなくてはならないのです。

介護施設管理士を育成する目的で医療介護ネットワーク協同組合は、認定試験制度をはじめました。合格者は介護施設管理士として認定されます。現在は東京と大阪のみでの試験実施ですが、今後は全国的に認定試験の輪を広げていく方向に向かっています。

介護施設管理士は、介護の知識を網羅して身につけるとともに、その知識を現場で応用して対応できなくてはなりません。介護施設のトップでもありますので、組織をまとめるリーダーシップが求められます。つまり介護の知識だけでなく、現場で対応して使える柔軟性、リーダーシップ、経営の知識が必要です。

介護の知識と経営者の資質が求められる介護施設管理士を多く育成していくことが、今後の介護サービスの充実に必要になってきています。