介護施設と医療費控除

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護施設と医療費控除

介護福祉士

介護費用も医療費控除の対象となることをご存知ですか。 介護施設などに支払った介護費用も通常の医療費のように医療費控除の対象として、確定申告をすることが可能です。

医療費控除は、支払った医療費が規定の金額(10万円)を超えた場合、収入に応じて還付されるというものです。

通常、確定申告というと毎年2月16日〜3月15日の期間に行いますが、介護施設に支払った医療費の確定申告は、この期間でなくても受け付けてもらえます。

介護施設の医療費の控除が受けられる方は、要介護認定が1〜5の方です。 介護施設の入所基準と同じですが、介護施設のサービス内容によって、控除可能金額が違ってきますので注意してください。

介護老人保健施設と介護療養型医療施設は、指定介護老人福祉施設利用料などで、自己が負担をした金額が、医療費控除対象になります。 介護老人福祉施設では、介護費・食事費を含む、自己負担分の半額が対象となります。

確定申告する場合には、領収証の添付が必要です。介護施設に料金を支払う場合は、必ず領収証をもらうようにしてくださいね。

医療費控除の対象外となる場合も多くあります。 介護保険特定施設は、医療費控除の対象外の施設です。 自宅を介護のためにバリアフリーにするリフォーム費用や、在宅介護のための介護ベッドや車いすなどの料金も医療費控除の対象になりません。

医療費控除の基準が細かく決められていますので、判断に迷う場合は領収書を保管して、税理士などに相談すると安心です。 税理士というと敷居が高い気もしますが、親身に相談に乗ってくれますし、仕事はやはりプロです。負担も軽減されます。