認知症の介護施設

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

認知症の介護施設

介護

介護の問題を考えるときに認知症の問題は、はずせません。 介護が必要な高齢者の2人に1人は、多少なりとも認知症の傾向があると言われています。

高齢化が進むにつれて、認知症の方とその家族をサポートする必要性が高まっています。 認知症と言っても症状は多様です。 軽度の認知症の場合は、「認知症グループホーム」などの介護施設によって、適切な介護や指導、ケアを受けることができます。この介護施設により、認知症患者であっても普通の生活を続けることができるようになってきています。

ただ、介護施設によって、介護の質に大きな差が出てしまうのが現状です。また、重度の認知症患者への対応は、まだまだできているとはいえないのが現状です。

日常の生活に支障が出る重度の認知症の方は、2015年には25万人を超えるといわれています。にもかかわらず、医療機関や介護施設は不足しています。専門の医師さえも不足している状態です。

国としては、専門の知識を持った医療スタッフが常駐する医療機関を「認知症疾患医療センター」として指定することを始めています。そうすることで、患者の受け入れ、専門医師や医療スタッフの育成とともに、基本的な治療方法の普及を図ろうとしています。 この「認知症疾患医療センター」と介護施設が密接な連携プレーで対応できるように設置されたのが「地域包括支援センター」で、認知症患者の介護の充実のために活動を続けています。