介護福祉士を目指す!

介護福祉士合格率

介護福祉士になる方法

    実力UP 最新情報 やるき持続 費用

通信講座

専門学校

×

自宅学習

×

総評 介護福祉士に限らず、国家試験に合格するには実力UPに加えて、最新情報を入手することも大切です。その点で、通信講座や専門学校などの講座を受講することが近道になります。通信講座ならば、CMでもおなじみで実績もあるユーキャンの介護福祉士講座が定番です。

ユーキャンの介護福祉士講座
ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士は、高齢者の対応ばかりでなく、身体障害者や精神的に深刻な障害を持つ人のケアも行っています。 介護福祉士は、国家資格です。資格を取得する方法は、介護福祉に関する専門学校や養成所を卒業する事で取得する方法と、ホームヘルパーや介護職員の経験が3年以上あり、資格試験に合格する方法です。

介護福祉士の試験内容は、社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、介護技術などの13科目から問題が出される筆記試験とモデルも使用して課題を行う実地試験の2つがあります。

実地試験は、筆記試験に合格した人だけが受験する事ができ、介護技術講習を既に終わらせている人は免除されます。 介護福祉士は、資格を取得した後、老人福祉施設や障害者施設、訪問介護を行っている団体などで就労するケースが多いようです。その他にも、病院やリハビリ施設などにも需要があるようです。

主な業務は、介護が必要になった人や身体障害者、精神的な障害がある人に対して、食事、入浴や排泄などの身体的介助のほか、買い物や洗濯、食事の支度、掃除など生活面での支援などを介護が必要になった人にために、支援を行っています。また、ホームヘルパーや訪問介護などで派遣する職員の指導や本人や家族への配慮や支援なども含めて行っている事が多いようです。

介護系の資格の中で、介護福祉士のみが国家資格で、これからの高齢化が進んでいく事が予測されており、ますます需要が高くなるといえます。